このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

大きな地図を見る
<6/10 Jungfraujoch - foot of Eiger>
 快晴。迷っていましたが、この天候でユングフラウ・ヨッホへ行かない手はないということで、ヴェンゲルンアルプ鉄道で出発。クライネ・シャイデックでユングフラウ鉄道に乗り換えユングフラウヨッホ(3466m)へ。
アイガーヴァント駅からのグリンデルワルト、メンヒ(4099m)、ユングフラウ(4158m)、アレッチ氷河
 クライネ・シャイデックで別働隊と合流し昼食。運賃はしめて151CHF。その後単独でアイガー北壁直下のトレイルをグリンデルワルトまで歩くことにします。
 北壁との地続き感を感じさせます。スノーシェードはヴェンゲルンアルプ鉄道。
 マウンテンバイク(Alpine Bike)なら、北壁直下まで来れます。
 こんな所にも水場が。高山植物は、日本の物とは少し形が違っています。
 鉄路と絡みながら、人里に下りてきます。
 グリンデルワルトの街が見えてきますが、結構ここからも時間がかかります。コースタイムは2h40mでしたが、3h強かかりました。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com