このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
<6/18 Le Monetier les Bains - Le Bourg d'Oisans >
 コテージのあるル・モネイエ・レ・バンはイタリア国境まで30km。ロータレ峠からは西へ走る計画だったので、全く未知の街です。日本で言うアパートの一室を所有しているようです。
 やっと部屋にたどり着き、暖かいシャワーを浴びたいところですが、フレッドは何事もなかったように平然としています。
 レストランへも雨の中自転車で走って行きます。街へ下りても山男です。
 フレッドはソファーベッド、私は寝室の二段ベッドで長い一日を終えます。
 彼は、グルノーブルに住んでいて、ここに2泊して帰るとのこと。山や道に精通していて、私がラルプ・デュエズへ上ると言うと、「本当にサイクリングを楽しみたいなら、別の道がお勧めなんだが」と言ってました。ガリビエ峠は何度も行っており、この時期雪になるのは、そう珍しいことではないようです。
 ここは、ホットスプリングが有名で、大きなスパがあり、水場ではお湯も掛け流していました。冬はスキーで賑わう街です。
 今年のツール・ド・フランス第14ステージは、コテージの前の道を走ります。
 さて、ロータレ峠へ上り直し。フレッドはイージーと言ってましたが、ここも一級山岳で、500mほど上ります。昨日のガリビエ峠からだと、1000m以上の下り。手の感覚が無いまま、よく無事に下れたものです。
 ここも、何気に美しい谷です。
 ガリビエ峠は雲の中。小雨がぱらついていますが、普通のおばさんサイクリストも、平然と走っています。  ロータレ峠を越えると雨足が強くなり、注意深く下っていきます。
 あれ、これは車の中では(笑)
 下っていると、フランス人が手を振ってます。「雨の降りは危ないので、グルノーブルまで乗っていかないか」とのこと。お言葉に甘えて、乗せてもらってます。
 彼は Cycles Bentoline と言う、リカンベントの工房をやっていて、自転車を届けた帰りだとのことです。
 下っていると、前方で自転車が路肩に突っ込むのが見えました。
 怪我は無いようですが、一瞬意識をなくしたので救急車を呼ぶことにします。テント泊でツーリング中のイングランド人。ジョンブル魂で、大丈夫だと言い張りますが、フラフラしてるので支えないと危なっかしい状態です。
 雨は小降りになったので、私はここから自転車で下ることにします。
 ラ・クラーヴ(1500m)まで下ると雨もやみ、景色が鮮やかになってきます。
 この谷も美しい。眺めのいいテープルで携帯の昼飯を取っていると、ストーブで飯を作ったトラックドライバーから、パイナップルをおすそ分け。
「明日は、ラルプ・デュエズに上るぜ」
「アームストロングかよ」
で、ドーピングのまねをすると大受け。フランス人から見ると、ツールに泥を塗ったやつだしね。
 フレッドおすすめのブル・ドアザンで宿さがし。シャワー受けが、バスタブ風。60EUR。
 49.31km AV14.3km/h,3:26:16

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com