このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

ヴィジーユ~ヴィリュー

2014年6月20日金曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
<6/20 Vizille - Virieu >
 事前知識無しで決めたヴィジーユのホテル(55EUR)ですが、部屋からベランダに出ると、そこは街の広場。そして、目の前は古城(改修中ですが)。
 お城は「フランス革命博物館」となっており、その前には広大な庭園が広がっています。 ここから革命が始まった? ・・天誅組が襲撃した五條代官所みたいな位置づけかも。
 D5 でグルノーブルへ向かいます。Dxxxxといった4桁の道路は高規格で自転車は走りにくいですが、1桁の道路は、古くからの道でしょうか。丘陵を縫う道で名称はナポレオン道路です。
 グルノーブルでは、珍しくちゃんとした昼食をとりました。実は、高い,時間がかかる,何が出てくるかわからないといった理由で、昼食抜きが多かったです。
 グルノーブルから先は平地だと思っていましたが、うねった丘陵の農村地帯です。村のおばちゃんにホテルのある街を尋ね、ヴィリューでやっとホテルを見つけました。
 トイレ、シャワーが共用(ただし、宿泊者は私だけ)なのにビデは部屋にあるという、非常に古い様式です。今回最安値の35EUR。
 夕食は、チーズがソフトなのとストロングなのが選べるので、ここはストロングにしました。カビだらけですがイケました。朝食のコーヒーは、お椀。これが、本当のフランス式だとのことです。
 フレッドのコテージでもお椀でしたが、あれも山小屋だからではなく、普通の姿だったようです。
  68.04km AV13.1km/h,5:10:12

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com