このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

ムードン~ベルン~トゥーン

2014年6月8日日曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
<6/8 Moudon - Bern - Thun >
 ムードンの音楽祭は今日まで。後ろ髪を引かれながらベルン方面へ。
 ずっと走っている国道1号線ですが、時に高速道路のような線形を取ります。でも、自転車OKだよな~と走りましたが、左の画像の道路標識は、"自転車通行禁止" だったことがわかりました。
 この高架橋を渡り、下の国道1号線の右車線に合流しましたが、しばらく走ると反対側に自転車道の表示があり、道路を渡ったところが右の画像。左折禁止等、斜線で禁止を意味することもあるので、難しいです。
 今日も水場で水補給。通りがかったブルーノはジュネーブまで走り鉄道で戻るとのこと。自転車をそのまま載せられる列車も数多くあるので、多彩なルート設定か可能です。折りたたみ車が珍しがられる訳です。
 道すがら、石積みの鉄道高架橋や屋根の付いた橋に寄り道。
 昼過ぎにスイスの首都ベルン着。アーレ川を流れてくる人達がいます。この川、すごい早さで流れているので、岸に着けると思えません。下流の方で、網に引っかけるような仕組みがあるのでしょうか。
 屈曲するアーレ川こ囲まれたあたりは、世界遺産「ベルン旧市街」の区域です。この眺めは素晴らしい。
 南東に向きを変えトゥーンへ。アーレ川が流れだすトゥーン湖に面した水の街です。どこを切り取っても絵葉書のよう。
 泊まったのは、城下の広場に面した四つ星ホテル(130CHF)。
 ジャージが手絞りでも一晩で乾くのは助かります。今日は、初の100km越え。
 106.41km AV17.5km/h,5:40:21

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com