このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

Vietnam Day3 Di Linh - Da Lat

2013年1月13日日曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 今日はダラットへの上りですが、昨日の標高100mからの上りと違って気温が低いので、少し楽に上れそうです。
 Di Lin は標高900mの盆地、夜明けは朝霧におおわれていました。眺めのよい部屋を選んだ甲斐がありました。

 今日の朝食は Banh mi(バインミー)、フランスパンに肉や野菜をはさんだもので、その場でおばちゃんが手際よく作ってくれます。フランスパン自体、中身がモチっとしておいしいので、Pho(米麺),Com(ごはん物)と並んでよく食べました。値段も1万ドン程度です。

 このあたりは高原野菜の産地で、信州野辺山のような風景が続きます。

 ダラットへの上り道で突然現れた自動車専用道。要人や外国人観光客向けに作られたのでしょうか。ほとんど車は走ってません。自転車は、旧道と思われる並走路を走ります。

 あと5km。傾斜が緩くなり、前方に町並みが見えてきます。

 標高1500mのダラット到着。美しい街です。軽井沢をイメージしていましたが、人口20万人の中核都市です。

 ダラット駅。かつてはダラット=タップチャム鉄道として沿海部と結ばれていましたが、ベトナム戦争中に戦火を受け廃線に。今は、7km離れた Trai Mat 駅との間が観光鉄道として運営されています。
 駅舎内も重厚だが、自動車が駐車していたのは..(笑)

 宿は駅前の薬局兼業 Nha Nghi、15万ドン。珍しく清潔感ある(日本人基準)民宿でした。

 夕やみせまる Xuan Huong(スアンフォン)湖、カップルの座るベンチの横には必ずモーターバイクが。

 80.4km / 297.2km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com