このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

Vietnam Day5 Tan Son - Cam Ranh

2013年1月15日火曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 昨日は、1200m下ったのにダートのため距離は伸びず、疲れも残っています。今日は国道27Bと言う27号線の別道をカムラン湾に向けて走ります。地図から読み取る情報では地名も少なく、大きな町もない田舎道だと思います。
 やはり、のんびりモード。大型車はほとんど走らない静かな道です。

 時々、集落がありますが活気が感じられません。ドイモイ政策前の失敗した集団農場のような気がします。

 田んぼの中に長い高架が続いています。なんだろう。

 道と思って集落の中に入りうろつきますが、近づけません。村の子供たちが集まってきたので、「旅の指さし会話帳」で案内を頼むと「ついて来い」と言ってるようです。
 半信半疑でついていくと、それは道ではなく水路でした。アプローチ路がない訳です。途中、小川を越えられなくて泣きだした一番小さな子を、年かさの二人がおぶって進みました。

 年長の女の子は、ウケ狙い?で、牛を指さしてはフォーボー(牛肉米麺)、鶏を指さしてはフォーガー(鶏肉米麺)と教えてくれました(笑) 田舎町なので、私が初めて会った外国人でしょう。

 茶屋も食堂もなく、昼近くになり初めて露天のフォー屋が見つかりました。フォーと揚バナナで昼食です。
 娘さんはゴルフ場でキャディーをやっているとのこと。日本人とわかると、接待ゴルフでペコペコおじぎをする日本人を演じてくれましたが、完全にドリフ。間違いなく脚色入ってます。

 ゆるやかな丘陵を越え、のんびりサイクリング。結局、距離も伸びませんでした。

 海に近づき国道1号線に合流。モーターバイク屋で、前日のダートで汚れた自転車を洗車。1万ドン。

 宿は、バスタブ、ベランダ付きですが眺望は微妙。珍しく英語が通じました。25万ドン。

 夕食は、エビ入りミニお好み焼きにコーム。この日は「旅の指さし会話帳」が大活躍。特におばちゃんが、熱心に見て会話を試みます。

 71.7km / 447.3km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com