このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

Vietnam Day7 Ninh Hoa - Dai Lanh

2013年1月18日金曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 宿のそばのニンホア駅によってから、国道1号線をを北上。駅はベトナム特有の味のあるくすんだ黄色。

 道沿いのフォー屋で遅めの朝食。店も一息ついた所でしょうか、「旅の指さし会話帳」に興味を持った女将から渡されたものは、「この娘に彼氏を紹介して貰えますか? もし可能なら私に電話を下さい・・・」
 味もよく流行ってる店なので、ここへ婿に来れば安泰かと。実際、ベトナム女性はよく働くのでプラプラしている男もよく見かけます。

 Van Gia からは、脇道にそれて集落をつなぐ静かな道を。

 村の人達が集まり、闘鶏をやってました。

 一旦、国道に戻った後、Google Earth で見ると長い砂州が続く Hon Gon へ。今日行かないと一生後悔すると思い行きましたが、強烈な風と砂つぶてに苦しみ、行ったことを後悔しました。不思議なことに、SPDシューズの中まで、砂がどんどん入ってきます(泣)

 Xom Con と言う漁村までたどり着き、魚を食べようと座った飯屋で出てきたのは鶏。

 風のために押すと言う、沖縄平安座島以来の試練を経て国道に戻り、Dai Lanh の民宿へ。15万ドン。 夕食は、イカ入り mi xao (ミーサーオ)と魚(サバ系)のスープ。確実に魚介を食べるため、厨房に入り素材を指さしました。

 87.4 km / 616.1km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com