このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

Vietnam Day9 Song Cau - Phu Cat

2013年1月19日土曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 山側を走る国道1号線の本線を行くか、海側の国道1D号線を行くか。 昨日、オーストラリア人サイクリストに聞かれた時は、風が強そうだから山側を行くと答えましたが、今日の風は微妙。交通量の少なそうな国道1Dを走ることにします。
 砂州の部分は平坦ですが、山が海に落ち込んでいる場所はアップダウンが続きます。

 小さな峠を越えて、ビンディン省の省都、クイニョンへ。ベトナムは58省なので、日本的には県にあたります。人口24万人の地方の県庁所在地です。

 クイニョン市内で、初落車。
 「前方不注意で、クイニョン駅への引き込み線に前輪が落ち、投げ出された」わけです。
 具体的には「3叉路を左へ45度曲がりたいのだが、路面標示が右折専用と読み取れて戸惑った」ということです。 鉄道線は認知していただけに、避ける事ができた落車です。
 標識を見るより、流れに乗るのが鉄則なのを忘れていました。
 膝と肩に擦り傷を負った上、寄ってきたオヤジに「こんな細いタイヤじゃだめだ。もっと、真っ当なタイヤを付けろ(推測)」と言われてしまいました。

 クイニョンを過ぎると、2ヶ所でチャンパ王国の遺跡らしきものが目に入りました。1カ所行ってみましたが、説明文がベトナム語だけ。日本にもある、ニセ天守閣かもしれないので見学はパス。

 フーカット空港近くの軍施設。自転車に好感を持ってくれてるような気がしました。

 宿は、国道から少しはいった住宅地にある豪華民宿。20万ドン -> 15万ドン。
 私は一人で2ベッドルームだったので、宿のおばちゃんが夜に着いたロシア人3人と部屋を交換しようとして襲来。言葉が通じないまま、荷物を運び出そうとするので一騒動(笑)
 モスクワから来たモーターサイクリストの Nikolay の英語の説明で、やっと意味がわかりました。

 彼らは、動画を撮りながらベトナムを縦断してるチームで、帰国後2ヶ月かけてフィルムを仕上げるとのことです。旅で知り合った人達とは facebook を交換するのがデフォルトです。 mixi と言うわけには行きません。

 81.2 km / 792.8km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com