このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

Vietnam Day6 Cam Ranh - Ninh Hoa

2013年1月16日水曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 今日は、国道1号線を離れ海沿いの道を走ることにします。2009年にハノイで買った1/500000道路地図には載ってない道ですが、空港があるので道は良さそうです。
 カムラン湾北部のくびれた部分を橋で渡るとカムラン国際空港。周辺はリゾート開発投資待ちと言ったところでしょうか、広い道路は整地された区画で囲まれています。
 古くはバルチック艦隊の最後の寄港地ですが、南北統一後、ソ連海軍基地となり、ロシア海軍の記念碑が建設中でした。

 カムラン半島の付け根ととニャチャンとの間は、海に迫る山を巻いて眺望の良い道が続きます。島も多く内海風の景色です。

 ほどなく、ベトナム随一のビーチリゾート、ニャチャンの海岸。中心部には、外資系の大型ホテルが林立しています。私も、木陰でカフェスア(caphe sura)いただきます。

 今日いちばん驚いたのは、ニャチャンとニンホアの間の Phong Thanh あたり。潟に大きな樹木が生えている不思議な風景です。

 今日ものんびりサイクリング。 みどり鮮やかな田んぼを抜け、次の街へ。

 ニンホアの宿は、25万ドンの提示に憮然としていたら20万ドンに。相場感も少し養われてきたのかも知れません。
 夕食は、二人のお姉さんの神業のような連携で作られる Banh mi(バインミー)。 ベトナムのパンは、日本よりおいしいです。

 81.4 km / 528.7km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com