このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

06 酒田 - 由利本荘

2017年6月14日水曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 先ず、JA全農庄内の山居倉庫(さんきょそうこ)。12棟の内3棟が「庄内米歴史資料館」「酒田市観光物産館」として使われ、他は現役の倉庫です。
 NHK「おしん」のロケ地だそうです。
 今日も、ひたすら北上。鳥海山が海に落ちるあたりに鳥海山大物忌神社。複雑な経緯があるようですが、出羽国一宮。
 県境を越え、秋田県にかほ市小砂川の八幡神社。珍しい型の注連縄と向拝柱。
 脇障子の彫りも力強い。
 ジオラマがある象潟郷土資料館によってから、眺望のいい高台へ。「東の松島 西の象潟」と呼ばれましたが、1804年の象潟地震で海底が隆起し陸地化。
 地震前は砂州だった集落。芭蕉、曽良や菅江真澄が泊まった宿の位置は特定できるらしい。熊野神社には庄内藩と戦った秋田藩「荒川決死隊祈願所」の解説板がありました。東北で官軍側は微妙かも。
 この日は、あまり踏めず、由利本荘で宿探し。日本海に面したルートイン由利本荘は海側が満室。結局、駅前のホテルを取り、日没前に本荘城跡へ。水平線は雲で見えませんでしたが、まずますの夕日。
 81.68km、5h22m。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com